忍者ブログ
電子タバコBEST10
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


米食品医薬局(FDA)は22日、電子たばこから発がん性物質と人体に有毒な不凍液の成分などが検出されたと発表した。電子たばことはたばこ型の電子機器で、ニコチンを含有するカートリッジを交換して使用する。煙の代わりに蒸気が出る。

  FDAは22日、「米国の電子たばこ会社のNJOYとスモーキングエブリホエアの製品を分析した結果、不凍液成分のジエチルグリコール発がん物質のニトロソアミンが検出さた。訴訟が進行中のため製品販売中止命令は下されていないが衛生性を警告せざるをえない」と明らかにした。

  カナダは3月にすべての電子たばこの輸入・販売・広告を中止した。国内でも電子たばこがたばこの代替品として人気を集め10万~20万ウォン(約7600円~1万5000円)台で売れている。政府は昨年11月に電子たばこをたばこ事業法上のたばこに分類した。ニコチン溶液成分に対する安全性基準はない。現在安全性検証を受けていない数十社が製品を販売している。

  最近韓国消費者院が国内に流通している電子たばこ26種類を検査した結果、8製品が発がん性物質のホルムアルデヒドが検出されている。

内容成分には十分気を付けたい。
PR

 健康への被害と他人への迷惑行為などで分煙化が進む今日、喫煙者の肩身はますます狭くなっている。禁煙ガムや禁煙飴などに続き、禁煙グッズ「電子タバコ」が韓国で話題を呼んでいる。5月31日の禁煙デーを機に宣伝を強化したことで、3日付け韓国のNAVERサイト人気急上昇ワードの3位に登場した。

  todaykoreaなど複数のメディアが、アメリカのFDA(食品医薬局)の承認を得ていない中国産電子タバコの売れ行き上昇に憂慮を示すと伝えている。問題の中国産禁煙タバコは、プロピレングリコールという食品添加剤で煙を発生させており、添加物の安全性も、そして禁煙タバコの禁煙効果もまだ検証されていないという。

  それに対抗して韓国のエバコやカビエムなど「電子タバコ」もニュースの紙面を飾っている。2007年からヨーロッパで人気を集める禁煙タバコは、半年前くらいから韓国でも広く知られ利用が増えつつあり、煙の出るタイプと出ないタイプがあるが、中国産とは違って安全性は検証済みとのこと。

  実際に煙の出るタイプを試したというブロガーのwndqjfは「ゆっくり吸っていると、リアルな感じで楽しめる。パクパク吸いすぎるとよくない」と使用法を説明しながら、「禁煙効果には個人差があるだろう。結局健康を意識し、受動喫煙を無くそうという意識が強くなければつづかない。充電も煩わしいし・・・」と綴っている。

  日本の通販サイトでも「禁煙タバコ」「ストップ・ザ・スモーキング」「禁煙パイプ」など様々な名称の電子タバコが禁煙グッズとして並んでおり、その値段もバラバラ。禁煙をお考えの方は試してみる価値はあるがだろう、つまるところ禁煙は本人の意志に尽きるもの。

先端に赤い光が灯り、煙に似た水蒸気を発する「電子タバコ」。本物のタバコに似ていることから誤解を招くとして、先日JR北海道が列車内や禁煙エリアでの利用禁止に踏み切った。

 この電子タバコ、実際はどのような見かたをされているのだろうか。ネットユーザーを対象に意識調査を行い、20代から40代の男女 548名の回答を集計した。

 回答者のうち、現在タバコを吸っている「喫煙者」は12.4%、「過去に吸っていたことがある」のは17.0%で、合わせて29.4%が「喫煙経験者」となっている。「喫煙未経験者」は70.6%。

 電子タバコについて知っていた人は全体の45.6%で、「喫煙者」に限ってみると73.5%が認知していた。電子タバコ認知者のうち、購入経験者はわずか4.0%で、認知度の割に利用者は少ないようだ。

 次に、JR北海道の事例のような電子タバコの公共機関での利用規制についてどう思うか聞いてみた。「賛成(42.9%)」「どちらかというと賛成(23.5%)」合わせて66.4%が賛成派。

 反対派は33.6%で、内訳は「反対」15.5%、「どちらかというと反対」の18.1%。「喫煙者」では賛成派がやや少ないものの、それでも57.4%を占め、賛成派が反対派を上回る形に。

 それぞれの理由について自由回答形式で聞いたところ、賛成派では「本物のタバコと区別がつかず紛らわしい」という意見が多数見られた。そのほか、「喫煙可能な場所と勘違いして、本物のタバコを吸う人が出そうだから」などマナーの乱れやトラブルを心配する声も。

 一方反対派は、「煙害、吸殻が無いから」「煙ではないなら構わないと思う」といった、「電子タバコはタバコではない」からいいという解釈での意見が多く、賛成派との意識の差が浮き彫りになった。

「電子タバコ」の公共機関での利用規制について

 調査はブロガー向け情報サイト「ブロッチ」などネットマーケティングを展開する株式会社アイシェアが、同社の提供するサービス会員をパネラーとして行った。


煙の代わりに水蒸気が出て、先端が赤く光る。まるで本物のたばこを吸っているような感覚を味わえる「電子たばこ」が、次々と登場している。使用者からは「禁煙や節煙につながる」との声が寄せられている注目商品。たばこの代替品になり得るのか。(森本昌彦)

■フルーツ系の味も

 電子たばこは電気の熱で、カートリッジに入った液体を水蒸気として発生させる。本物のたばこのように吸い込むと本体が作動し、熱を発する仕組みだ。日本国内ではニコチンを化学物質として含む電子たばこは販売できないため、カートリッジに入っているのは香料入りの液体。本物のたばこに似た味から、ストロベリーやメロンといったフルーツ系の味のものまでさまざまな商品がある。

 健康商品などを販売する「美香堂」(東京都目黒区)が昨年9月に発売した「ECO Smoker」はこれまで、約5万個が売れた。同社以外にもさまざまなメーカーが昨秋から電子たばこを発売。「ジェイ・エス・シー」(同)の「TOKYO SMOKER」や「サムライン」(大阪市中央区)の「TaEco」もそれぞれ約5万個、「素数」(渋谷区)の「mismo」は約7万7000個販売されている。「CA」(大阪市西区)の「LENTA」はフラボノイド配合の日本製フレーバーで話題だ。

 価格は商品によって異なるが5社の電子たばこは本体、充電器、カートリッジ入りで約1万~1万5000円程度だ。


先端から赤い光、紫煙に似た水蒸気――。こんな本物そっくりの電子タバコが客の誤解を生むとして、JR北海道が電車内やホームなどで使用禁止にした。これに対し、電子タバコ利用者らから反発が出て、論議になっている。

「害がないので、いいんじゃないか」

本物そっくりの紫煙が…
本物そっくりの紫煙が…
 
「ぱっと見ると、いかにもタバコを吸っているように映ります。列車内で電子タバコを使って、真似してタバコを吸う方が出ると困るんですよ」

   JR北海道の広報部では、2009年5月1日から電車内や駅の禁煙エリアで電子タバコを禁止した理由をこう話す。

   電子タバコは、本物そっくりの電子機器で、吸い込むと香料などを含む水蒸気が出る仕組み。吐き出すときに紫煙状になって、喫煙気分を楽しめる。液体ニコチン入りもあるが、日本では、薬事法上販売できず、個人輸入でしか手に入らない。

   中国・香港の業者が2004年に開発したとされ、07年ごろから世界各地で販売されている。中国製品がほとんどで20種類前後があるとみられ、日本では、最近になって通販サイトやディスカウントショップで扱いが増えてきた。価格は、3000~1万円超ぐらいだ。

   JR北海道によると、車掌が電車内で最近になって使用ケースを目にするようになり、09年3月に3件、4月に3件を確認した。広報部では、「実際に、苦情やトラブルなどの例はありませんが、こうしたことがある前に電子タバコを禁止することにしました」と説明する。少なくとも鉄道会社では、初めての試みという。

   ネット上では、4月30日に発表されると、電子タバコ禁止を巡って賛否両論に。JR北海道にも、1日の実施後、禁止に反発する声が2、3件ほど寄せられた。それは、こんな意見だったという。

「害がないので、いいんじゃないか」
「喫煙者に対して、あまりにも冷たい」

業者「似ていない商品は、売れない」

   電子タバコは、ほかでも問題になっているのか。

   JR東日本の広報部に聞くと、対策を取らなければならないような目立った苦情やトラブルは聞いていないという。担当者は、「個人的には、東京都内の電車内やホームで電子タバコを使っている方を見たことはありません。現在は、特段制限の対象になっていませんし、具体的に禁止を検討するなどの話も出ていません」としている。

   一方、電子タバコの販売業者は、JR北海道の禁止措置をどう考えるのか。

   USB充電タイプを2009年3月25日から発売したサンコーでは、広報担当者が初めて聞いたとしながらも、特に困惑することはないとした。

「お客さまには、こうして使って下さいと特に呼びかけていませんが、公共の場所で使うと誤解されますので、ご自宅で使われていると思います。基本的には、お客さまの自己判断に任せています」

   なぜ本物に似せて作ってあるのかについては、こう説明する。

「形がタバコに似ている方が、吸っているような気分になります。禁煙のために使うなら、こちらの方が楽に続けることができるからです。似ていない商品は、売れないでしょうね」

   電子タバコは、吸うと先端に火がついたように赤く光り、吐き出す水蒸気も本物の紫煙に近い。従来タイプの禁煙パイプに比べて確実に進化しており、禁煙グッズの中では一番人気だという。電子タバコについて、特に苦情などは寄せられていないとしている。


Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ 電子タバコBEST10 ] All Rights Reserved.
http://best10.iku4.com/

ランキング
プロフィール
HN:
タイガーウィッス
性別:
非公開
自己紹介:
電子タバコ情報をどんどんアップするよ
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ | [PR]
フリーエリア
日本製フレーバー製品

eLOVERE(イーラブレ)
電子タバコ eLOVERE

LENTA-T200(レンタ)
電子タバコ LENTA-T200

LENTA-S101ターボ
電子タバコ LENTA-S101
Hi-Clean(ハイクリーン)

Hi-Clean


RISE SMOKERターボ仕様
RISE SMOKERライズスモーカー

JAPAN SMOKER
MISMO

MISMO(ミスモ)
MISMO

TOKYO SMOKER
TOKYO SMOKER

ターボフィルター製品

eLOVERE(イーラブレ)
電子タバコ eLOVERE

LENTA-T200(レンタ)
電子タバコ LENTA-T200

LENTA-S101ターボ
電子タバコ LENTA-S101

Hi-Clean(ハイクリーン)
Hi-Clean

RISE SMOKERターボ仕様
RISE SMOKERライズスモーカー

DTターボプレミアム
DTターボプレミアム

カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31